しふみんの日記

しふみんの日記です。

トイレの中ですね

オリエンタルラウンジに行った記事を書いたついでなので書くけど、この前麹町何とか社にカジュアル面談で話を聞きに行った時に対応していただいたリードエンジニアの方が僕の上記のツイートをご覧になられていて、

リ「オリエンタルラウンジに行かれたのですねー(中略)写真が云々(中略)スカイツリーが云々」
(ここで僕の上記のツイートをMacbookから見せる)」
僕「あー、この写真はトイレの中ですね」
リ「えっ」
僕「下に写っているのは小便器です」
リ「なるほど」

みたいなやりとりがあってよかった。
「よろしくお願いします」って言った10秒後くらいの初手のやり取りです。

8月12日

妻と一緒にマンダリンオリエンタルのオリエンタルラウンジのアフタヌーンティーに行ってきた。
僕は夜景よりも動いている電車や車を見ることの方が好きだということが分かったし、それらを眺めることのできる日本橋のこの東京駅至近立地はとてもいいなと思った。

しかし、帰った後に気づいたけど、あのタパスモラキュラーバーはこのオリエンタルラウンジの中にあったんですね。

f:id:shifumin:20180816221431j:plainf:id:shifumin:20180816221435j:plainf:id:shifumin:20180812180147j:plainf:id:shifumin:20180816221442j:plainf:id:shifumin:20180816221447j:plain

全然勉強していないわーの逆

学生時代のテスト前によく聞かれるいわゆる「全然勉強していないわー」(普通に勉強している)という発言はそもそも僕はあまりしなかったんだけど、この歳になると逆ムーブで煽って周りのモチベーションを上げるようにした方がいいなと感じていて、具体的には「俺は死ぬ気で勉強した。お前はどうだ?」になるんだけど、そのように煽っていく方が巡り巡って周りも僕のモチベーションを上げてくれるムーブを取ってくれる可能性が高まって双方よしになるんじゃないかと考えている。

「全然勉強してないわー」って言いながらシュッと資格を取ったりするのは確かに格好いいんだけど、ただの自己満足だし、そもそもそういう見せ方をするメリットがあまりない。それよりは周りのやる気をモリモリ高めていった方がいい。

Apple PayのモバイルSuicaが改札機に反応しない魔のタイミング

先日初めて気づいたけど、モバイルSuicaアプリでグリーン券を購入するプロセスの決済処理中はモバイルSuicaが反応しないっぽい。
改札手前でグリーン券購入処理を進めてから改札を通ろうとしたら全くSuicaが反応しなくて泣いた。

モバイルSuicaアプリのグリーン券購入決済処理は、決済処理にしてもいくらなんでも時間がかかりすぎだろ、内部の実装はどうなっているんだ……と毎回思うほどの時の流れを感じるので注意する必要がある。

テスト用記事

追記: ツイートを標準で貼り付けて記事を作成(下記画像)後に貼り付けたツイートを削除すると、ツイートの内容自体は残るが埋込表示は変更されるようだ。

Image from Gyazo

リモートワークの問題点

リモートワークで自宅で仕事する時はよく独り言をブツブツ言いながらやっているんだけど、リモートワークの問題点として、夕方妻が既に帰宅済であることを忘れていつものように「助けてくれー!」*1って叫んたのを聞かれてしまい恥ずかしい思いをするなどがある。

*1:その他、独り言としては「もうだめだ」「死ぬ」「なんでやねん」「もうだめだ」「ファック」などが多い

株主優待の謎の株数傾斜問題

goagle.hatenablog.com

リンク先の異質なクーポン設定であるところの4の関連で、株主優待の謎の株数傾斜設定が多いのはずっと気になっていた。

例えば、モスフードサービス(8153)の株主優待

  • 100株以上で優待券(500円)2枚
  • 500株以上で優待券(500円)10枚
  • 1000株以上で優待券(500円)20枚

という設定になっていて、確かに株式取得価額と株主優待内容は比例しているんだけど、個人投資家視点では最低単元数の100株取得はいいとしてもそれ以降の株数取得はこの優待設定では全く魅力的ではない。仮にこの株主優待個人投資家を利用した流動性確保の点も考えて設定されているのであれば、現設定よりは

  • 100株以上で優待券(500円)2枚
  • 200株以上で優待券(500円)4枚
  • 300株以上で優待券(500円)6枚

の方がいいと思う。この設定の方が個人投資家の買い増しを誘発させやすいはず。

それはそれとして、僕の生活圏にモスバガがないからそう思うだけかもしれないけど、半年間でモスバガで優待券利用で10000円分の食事を行うのはかなりの覚悟が求められている気がするし、それを断交できる人は""剛の者""と言わざるを得ない。