しふみんの日記

しふみんの日記です。

5年後

少し前に転職ドラフトで指名いただいた企業とカジュアル面談を行なった。その企業は僕がエンジニアとして駆け出した2015年11月に採用に応募して面接した企業だった。その時は即祈られした。

面談前に一瞬だけ「いやー5年前に一度応募させていただいたことがあるんですよね〜」と切り出すか頭によぎったけど特にメリットはないと判断して止めることにした。すると、面談の最初で先方から5年前に採用面接されたことについて言及されたので驚いた。担当の方はもちろん前回とは別の方だった。

5年前の採用応募データが残っていることもそうだし、前回のデータから今回の応募が同一人物だと紐づけられ他ことに驚いた。前回は確かに履歴書・職務経歴書を提出しているが、今回はカジュアル面談だったので正式な履歴書・職務経歴書を提出しておらず識別名は転職ドラフト上の情報の"shifumin"という名前しかない。頑張ってデータを辿ればもちろん可能だろうけどきちんとプロセスを踏まないと照合できないはず。

指名メッセージが年収評価シートを読み込んだ上での内容になっていたり、1位指名だったりもそうだけど、今回のようなイベントも企業に対してポジティブな印象として残ると思いました。